上野アメ横と活気あふれる浅草三社祭へ。仲見世や行き交うおみこし(神輿)の人混みをぬって、車いすを押す。そして隅田川を水上バスで浜離宮へ向かう・旅行介助サポーター養成・中級・旅の現場講座

身体に障がいのある人や高齢の人が、東京の旅を存分に楽しめるように! 東京のUD旅の現場を知る。マナーなど、旅心のわかる旅行介助サポーターを養成するための中級旅の現場講座です。東京・浅草の、三社祭の迫力やかけ声、人混みを楽しませるか、旅行介助サポーターの実力次第。

集合: JR東京駅丸ノ内南口改札口外左側「車いす待合所」 午前8時30分 (時間厳守)、出発(9時)
解散: JR東京駅南口改札口外左側「車いす待合所」 午後5時~午後6時ころ
【概 要】
日程 2017年5月20日(土)
おすすめ旅じたく帽子、飲み水、履きなれた靴、タオル、雨よけポンチョ、折りたたみ傘など。
旅費概算受講費用 7000円+交通費各自負担 定員定員30名程度(事前申し込み要・班分け)
同行者講師: 成田弘子(看護師)、アシスト:大矢愉子(旅行介助サポーター)、羽太多智子(看護師)他
日程概略

東京駅〜御徒町アメ横を散策して、JR上野駅〜地下鉄で浅草に行く。浅草界隈を散策し、ランチ「自由」を食べて吾妻橋より、水上バスで浜離宮へ、JR新橋駅〜JR東京駅

【旅費計算コーナー】
受講料7000円
交通費およそ1200円
合計 およそ8200円

カリキュラム案内

実行プラン①①東京駅構内の待ち合わせ場所ベスト!は?  ②旅行介助ガイドのマナーと装備は?
③東京駅構内のバリアフリールートの習得。エレベーターの大きさは?トイレの使いやすさは?
④公共交通を利用するときには駅員にスロープを出してもらう。時間がかかるので頼むタイミングを考えたい。
実行プラン②上野アメや横丁は戦後のやみ市から発展した東京の観光スポット。裏道や横道が楽しいのです。集合場所まで自由に散策。
実行プラン③⑤御徒町から上野まで、アメ横散策。人混みを車いすで進む方法。バリアフリートイレの場所は事前に押さえておきたい。
⑥メトロ銀座線上野駅への入り口は長いスロープ。車いすを後ろ向きで押しすすめる方法、前向きで押しすすめる方法の利点とリスクを体験。混雑した場所での車いすの操作の方法、注意点を学びます。
実行プラン④⑦雷門の段差は提灯の下まで,まわりこんで。浅草寺では左側にまわりこんでエレベーターで本殿上へ。⑧昼食は各グループで(予約無しで)店に入る経験を!
お店のハード面(設備面)とソフトを観察しましょう。
実行プラン⑤⑨水上バスで浜離宮までクルーズ。船内のバリアフリー調査。
⑩船内で視覚に障害がある人へ景色を説明する方法。
⑪船内のトイレの利用。車いすで入れるか?の検証。介助方法(立位のできる人、できない人、手に力がはいる人、入らない人 介助方法(心配り等)をチェック。
⑫旅の空間を邪魔しない。ひとりの時間をつくる、前方の景色をじゃましない方法
⑬車いす走行の注意点、声がけのタイミング。押す速度、前後、左右の幅。普段乗り慣れていない恐怖感etc。
実行プラン⑥浜離宮・恩賜公園には、四季おりおりの花が咲き乱れ旅びとの癒やしの空間です。野外ミニ講座を行います。斜面を車いすで上がる、下る方法、排泄が心配な人へ、安心プランの伝え方、「オムツは旅道具、徘徊はひとり旅願望」、質疑応答など。
実行プラン⑦⑭長時間車いすを押す際の注意点。段差の乗り越え方。
オフロードで車いすを楽しみながら進む方法。シートベルトをリフオームしたロープの活用法 ⑮目が不自由な人をトイレへ誘導のしかた(弱視、全盲) 耳が不自由な人とのコミュニケーションのコツ、情報の伝え方etc
⑯駅員、通りがかりの人などの助けを得る方法など質疑応答。浜離宮から歩いて、JR新橋駅に向かい、東京駅へ。解散。
【お申し込み方法】

電話, FAX, 専用の受講申込メールフォームのいずれかの方法でお申し込みのうえ、事前に費用7,000円を下記の郵便振替番号宛で最寄りの郵便局から3日前、同じ週の木曜日中にお振り込みください。間に合わず、ぎりぎりで、どうしても参加ご希望の方はお電話ください。

一般社団法人日本旅行福祉推進会議
東京都多摩市関戸4-4-1-801(〒206-0011) 電話 & FAX 050-3588-4150
Email:jtvn.ict@gmail.com URL:http://aircare.jp/
費用振込先: ゆうちょ銀行 郵便振替番号 00100-1-730920
名義=一般社団法人日本旅行福祉推進会議
広報及び問い合わせ先:携帯電話 090-3208-1051



FAXでお申し込みされる方は以下のファイルをダウンロードしてお使いください。