Home » 初級・中級養成講座

初級・中級養成講座

A.トラベルボランティア養成講座(初級・座学)

「A.トラベルボランティア養成講座」は不定期ですが、年に2回程度、集中講座を行います(東京と地方1地域)。

B.トラベルボランティア実践・移動講座(中級)

「B.実践・移動講座」はバスに乗ったら座学、降りたらフィールドワークということで、リフト付きバスで日帰り、または1~2泊の旅をしながらトラベルケアを担当するにあたって必要な心得を現場で実際に学んでいただく目的の講座です。実際にJTVNのトラベルボランティアとして、旅の現場や地域で活動される場合には、この2講座の受講がスキルアップとなり、現場経験に役立ちます。

JTVNでは、旅の現場での移動・外出支援に特化した介助者養成が、高齢者、障がい者のQOL(クォリティオブライフ)を維持した暮らしを実現するのには不可欠であると考えております。また、家族の介助が得られなくても、重度障がいを持っても、旅や移動、外出が社会の仕組みとして実現できるように、旅のクリエイターの実力を兼ね備えたトラベルボランティアを養成する「A.トラベルボランティア養成講座(初級・座学)」と「B.トラベルボランティア実践・移動講座(中級)」で学ぶJTVNの理念と考え方、ケーススタディはすべてのトラベルボランティア希望者にとって役立つことでしょう。

理念とは、旅先介助において背骨にあたる大切なものであり、当法人代表であるトラベルデザイナーおそどまさこが20代から40代まで旅行ガイドブック(著書は39冊)や新聞連載(主に中日新聞や毎日新聞)等の取材で駆け巡った様々な国での異文化経験や、40代から現在まで、様々なジャンルの障がいのある人が混在するユニバーサルデザインツアーを世界中へ50数本企画コーデイネート・同行してきた、豊富な旅の現場経験に裏打ちされ構築されたものであり、他に類を見ないでしょう。
当法人代表・トラベルデザイナーおそどまさこの紹介はこちらをご覧ください。
http://traveldesigner.ne.jp/

JTVNでは、ユニバーサルデザインのツーリズムに取り組みたいという地方自治体と協働して、地域にトラベルボランティアを養成するための中間支援組織として機能していくことも視野にいれています。地域に組織が出来上がり自立自転していくことが日本社会においてはベストであると思います。